体重を減らす方法のコツ

体重を減らす方法のコツは、余分な体脂肪だけを落として、大事な筋肉や骨量などを減らさないダイエットのやり方です。

ですから当サイトで解説している体重を減らす方法とは、女性がよく間違うダイエット法ではありません。ダイエットというと、すぐに体重計に乗って、それで成果が出たかどうか判断しがちです。でも、これで体重が減ったとしても、それは体脂肪によるものとは限りませんよね?

そのため当サイトで、体重を減らす方法と言った場合、それは体脂肪だけを減らすという意味になります。世の中の多くの女性は、極端な食事制限によって食べないダイエットをした結果、体脂肪だけではなく貴重な筋肉までをも減らしてしまっているのではないでしょうか?

体重を減らす方法は、水分を減らすことでも、もちろんありません。サウナに行ったり、スーツを着込んで運動することによって、大量の汗をかきます。それによって一時的に数キロやせたからといって、それは体脂肪率が減っているのではありません。水分を摂れば、また元の体重に戻ってしまいます。

もとにリバウンドしたくないからといって水分を控えていれば、血液がどろどろに濃くなって、血栓症を引き起こしやすくなる危険があります。そうなると脳梗塞や心筋梗塞などの危険が増します。

世の中の多くの女性は、体重だけをダイエットの指標としがちですが、体脂肪率をこそ見るべきです。ですから体重計とともに、体脂肪率も見れるタイプのものを購入することから、健康的なダイエットは始まります。

毎日体重を計測して、少しずつ減っていく変化に喜びを覚えて、それをモチベーションにして痩せていくというダイエット方法があります。私は、あれは大変危険だと思っています。そうですね、減っているものは体脂肪とは限らないからです。短期間で減るとすれば、重量が重い筋肉である可能性が高いといえます。

体重を減らすには、ある程度食事量を減らすことは大切ですが、極端に食事制限をすると、かえって体脂肪が減っていかなくなります。それは体が飢餓状態になるので、視床下部の恒常性維持機構の監査の手が入り、脂肪の分解にストップがかかるからです。

ですから食抜きダイエットや低カロリー置き換え食品によって体重が減っているとしても、それは筋肉のことが多くなります。飢餓状態では体脂肪は減らないので、減るとすれば、筋肉や骨量しかないのです。

食べないダイエットやカロリー控えめの食品ばかり食べて、カロリーが不足すると、このように筋肉が減少して、その結果、基礎代謝量が減ってしまいます。これは、とりもなおさず太りやすい体質ということ。食べないダイエットをすると、ちょっとカロリーオーバーしただけで、太りやすくなるのです。その結果、以前よりも体重が増えるリバウンドということに。

一時的な体重の増減に一喜一憂することほど、おろかなことはありません。そのときは体重が減ったと喜んでも、あとにその反動がやってきます。短期間で激減するほど、「体脂肪と体重の増加」というしっぺ返しをくらいます。ダイエットは長い目で見て、成功を勝ち取ることが大切なのです。

体重を減らす方法のコツは、しっかり食べた上で、しかも運動を併用することです。食事制限だけで減量したとしても、今まで述べてきたように、それは筋肉の減少の可能性が高いからです。でも筋トレを実践することによって、筋肉に常に刺激を与えられるので、その危険性はグンと減少します。

ぜひ体重を減らす方法だけではなく、体脂肪率の減少にこそ目を向けてほしいと思います。

>> 【PR】わずか1か月で、好きなだけエステに通えるようになり、いつでも好きなだけ「欲しいもの」を買えるようになる”たった1つの方法”とは?(無料)
【PR】