体重を減らす方法のコツTOP > ダイエットの仕方とは?〜注意点など > ダイエットは基礎代謝が成功の鍵

ダイエットは基礎代謝の高さが防波堤になる

ダイエットは基礎代謝と非常に密接な関係にあります。

基礎代謝とは、とくに運動しなくても、体の恒常性を維持するために消費されるエネルギーのことです。たとえば心臓の拍動、血液の流れ、各内臓器官の活動、呼吸、発汗作用、脳の活動などなど。

ダイエットで基礎代謝が重要といわれるのは、1日全体の消費量のなかで高い割合を占めるからです。基礎代謝は全消費カロリーの7割を占めます。ということは、基礎代謝を高めることができれば、とくに運動をしなくても、勝手に脂肪が分解・燃焼されていくということですね。

ちなみに残りの3割の内訳は、2割が生活活動代謝であり、1割がDIT(食事誘導性体熱産生)です。生活活動代謝とは、運動することによって生み出されるエネルギーです。有酸素運動だけで体重を減らすことは、効率がよくないといわれるのも、どんなに頑張っても全消費カロリーの2割だからですね。

DITは食事をすることによって、消化・吸収されるさいに発生するエネルギーです。1割と言ってもバカになりません。ですから食べないダイエットをする人は、この1割を消費できなくなります。しかも体が飢餓状態になって、脂肪をため込みやすくなるので、何もいいことはありませんよね。

ダイエットで基礎代謝を高める最も効果的な方法は、筋肉を付けることです。筋力トレーニングを取り入れることによって、あなたの基礎代謝は今よりも向上し、寝ている間でも、たくさんのカロリーを消費する体になれるのです。

そのほか褐色脂肪細胞を活性化したり、全身の血行をよくしたり、成長ホルモンを増やすことも、ダイエットにおいて基礎代謝のアップに役立ちます。そのほか栄養面でいえば、L−カルニチンやアルファリポ酸、コエンザイムQ10(CoQ10)が活発であるほど、基礎代謝は高くなります。20歳以降は、これらの体内生産量が減少していくので、ダイエットサプリメントから補ったほうがよいかもしれません。

ダイエットで基礎代謝を高める筋トレは、日常のなかに溶け込ませるように取り入れると、長続きできます。とくに女性の場合は、なおさらです。たとえば歯磨きしながら、爪先立ちになったり、脚を後方に持ち上げたりするエクササイズがあります。爪先立ちになると、ふくらはぎが強化され、足を後に引き上げると、ヒップアップに役立ちます。

太ももを鍛えることは簡単で、中腰になるだけです。歯磨きタイムを利用してもいいですし、お風呂のなかでやってもいいでしょう。お相撲さんのように、足を大きく開いて中腰になり、10秒くらい頑張ります。これだけで、あなたの太ももの筋肉は強化されます。空手でいうところの騎馬立ちですね。

太ももには、全身の筋肉の実に8割が集まっているといいます。ですから太ももという大きな筋肉に刺激を与えるだけで、全筋肉の大半を鍛えることになるのです。これがダイエットで基礎代謝の向上に役立つことは、言うまでもありません。

そのほか女性なら、上半身は床の雑巾掛けや窓拭きで鍛え、腹筋は台所をこする掃除で鍛えることができます。以上のことを続けていけば、ダイエットで基礎代謝が大幅にアップし、痩せやすく太りにくい体質になることができるでしょう。そうなれば、たくさん食べても太りにくくなります。やはり、好きなものを食べながらダイエットで痩せていきたいですよね?体重を減らす方法は、このように筋肉を鍛えることによって、体脂肪だけを効果的に落としていくことができます。

筋肉を鍛えることは、成長ホルモンのアップにもつながりますから、ますますダイエットで基礎代謝の向上に役立ちます。そのほか昼寝を加えれば、その間に成長ホルモンが分泌されます。スルメを食べることもオススメです。脳下垂体からの成長ホルモンの分泌を促すアルギニンが含まれているからです。アルギニンはチョコレートにも含まれているので、間食はチョコにかぎります。

基礎代謝がアップすれば、食べることが、よりいっそう大事になります。そうしないと1日の摂取カロリーが基礎代謝を下回ってしまうから。そうなると飢餓状態になって、脂肪ため込みモードになってしまいます。そうならないために、筋肉をつけて基礎代謝を増やしたら、1日3食、十分な量を食べるように心がけましょう。これによって美容を増進させながら、健康的にダイエットで痩せていくことができます。