体重を減らす方法のコツTOP > ダイエットの仕方とは?〜注意点など > 絶対痩せる方法とは?

絶対痩せる方法ってあるの?

絶対痩せる方法と聞くと、知りたくなるものですが、なかなかそのようなものはありません。よくダイエット広告の宣伝で、これをしたら2週間で3キロ痩せた!などと書かれています。もちろん実際には、そのようなことがないのは当然です。

絶対痩せる方法があるとすれば、長期的に取り組んで、少しずつ体重を減らす方法でしょう。短期間でダイエットするのではなく、1年とか2年というスパンで、少しずつ減量していくわけです。このような痩せ方なら、確実に存在します。

ダイエット食品とか低カロリー置き換え食品などは、すべて短期間でダイエットすることを狙う手法です。そのほか低炭水化物ダイエット、ケトン体ダイエット、食抜きダイエットなどなど、巷で知られている色々なダイエット方法も、短期決戦型のダイエットです。

こういった短い期間で痩せようとする方法は、結局は筋肉を減らすだけであり、またホルモン分泌などに狂いを生じさせる元です。自律神経を乱して拒食症の入り口になったり、肌荒れ、むくみ、便秘、冷え性の原因になるだけです。健康を害したり、生理不順になりたいのでしょうか?

そうではなく絶対に痩せる方法とは、無理とストレスなく、少しずつ食時量を減らしていくダイエット法です。これなら心身に無理はかかりません。食事量を激減させないので、カロリー不足になりませんし、体が飢餓状態になってしまう危険性も、もちろんありません。

こういった食事法に加えて、無理のない運動を持続していくことが、確実に体脂肪と体重を減らす方法のコツといえるでしょう。こういったダイエットのやり方は、地味なので、たいていの女性の注意は引きません。しかし医療機関などで、実際に行なわれている肥満治療は、このような長期目線で行なうダイエット法なのです。これこそ健康的なダイエットといえます。

絶対痩せる方法を文字通り受け取れば、絶食すれば絶対に痩せます。しかし、それは病人の痩せ方。筋肉がげっそり落ちて、元気もなくなり、肌も荒れ、免疫力も下がっている状態です。このような状態では、決して美しくはなれません。今よりも、美容面で減退してしまうはずです。

女性の場合、確実に痩せるには、生理後の1週間に、しっかり運動をこなすことが大事になります。やせ期に合わせたダイエット法ですね。反対に、黄体期にいくら食事制限やウォーキングをしても、思ったように痩せていくことはできません。脂肪や水分をため込みやすい時期だからです。また妊娠中や産後も、思うように痩せれないかもしれません。

絶対痩せる方法とは、痩せやすい時期を見極めることでもあるのです。たとえば昼の3時は、脂肪が溜まりにくい時間帯です。このときに甘いお菓子を食べても、それほど脂肪に蓄積しません。BMAL1(ビーマルワン)というホルモンが関係しています。

その反対に、夜間に食べたり、寝る直前に食べることは、脂肪に蓄えやすくします。副交感神経が優位であるとともに、ビーマルワンが多い時間帯だからです。夜間は脂肪を消費することがあまりないので、この点からも、体脂肪として蓄積されやすくなるのです。

長期的に無理のない計画を立て、しかも痩せやすい時期と痩せにくい時期で緩急をつけることが、絶対痩せる方法といえるのではないでしょうか?